Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ライブ@ゲームミュージックチャレンジャー

2011年8月21日に行なわれましたゲームミュージックライブイベント「ゲームミュージックチャレンジャー」にて、ゲー音部が初のライブを行ないました!

では、その音源を交えながらライブの報告をさせていただきます。

今回のライブではプロの漫画家であります仁円さんがステージのバックに映るプロジェクターに「マリオペイント」でリアルタイムに絵を描きながら、それと同時に演奏も行なわれるという前代未聞な演出で展開しました。 




<<<ライブの内容詳細は以下に続きます>>>

記念すべき1曲目は「オホーツクに消ゆ」
さば夫さん編曲による、パスワードの曲と栄通りのテーマです。
(映像によるマリオペインティングをお楽しみ下さい!)

今回のライブ会場「高田馬場 Live Cafe mono」はゲーム中に登場する「高田馬場 栄通り」のすぐ近くだった為、ここはオホーツクをやらない訳にはいかないだろう、という理由もあっての選曲でした。 

<演奏者>
トランペット :Hit
ギター :麺
ベース :キムラ
鍵盤・編曲 :さば夫
ドラム :チヒロ

ゼロから描き始めてものの3分でこの完成度の俊介。 神業!!


2曲目は「RPGツクール」

ふるともさん編曲によるメドレーです。

RPGツクールの画面がスクリーンに出た時の会場のどよめき&笑いが愉快(笑)
このメドレーを作ったふるともさん自ら笛を吹かれていますが、楽器経験が豊富にある訳ではなく、このライブの為に縦笛を購入して練習したという、ある意味もっともゲー音部らしい味のある曲なのでした。

<演奏者>
笛・編曲 :ふるとも
トランペット :Hit
ヴァイオリン :AK
ギター :ハギワラ
ベース :麺
鍵盤 :さば夫
ドラム :チヒロ


3曲目は「ソルスティス」


ゲー音部活動をする中である意味「象徴的」に何度も演奏されていた曲なのですが、まさか演目として披露する日が来ようとは・・・。
今までノリだけで演奏していたのを各自鍛えなおし、まさに今回のイベントの趣旨である「チャレンジャー魂」でやらせていただきました! いやー練習したした。

<演奏者>
鍵盤 :さば夫
ギター :麺
ベース :キムラ
ドラム :チヒロ


4曲目は「ドクターマリオ」

今回は「チャレンジャー魂」という言葉をとにかく便利に解釈させていただいて、子供がステージに立つというのもチャレンジャーだ!と、ライブデビューさせてしまいました。

<演奏者>
ギター :麺家長女
カホン :麺家次女
ウクレレ :麺家嫁さま
鍵盤 :さば夫
口琴・鼻笛 :麺
ハンドクラップ :会場の皆さま


5曲目は「マドゥーラの翼」

さば夫さんとテンドウさんによるアレンジ曲のライブバージョンです。

このアレンジをライブでご当人達と演奏出来る日がまさか来ようとは。。
今回のライブでは個人的な夢が色々叶いまくりなのでした。

<演奏者>
鍵盤・編曲 :さば夫
ギター・編曲 :テンドウ
サイドギター :麺
ベース :キムラ
ドラム :チヒロ


6曲目は「カトちゃんケンちゃん」

テンドウさんによるアレンジ曲のライブバージョンです。

今回のイベントの主催者であります、国本剛章さんが作曲をされたこの曲!
それをこの布陣でこの場で演奏できる奇跡!
そしてテンドウさんのギターソロの気持ちよさはやっぱり異常。

<演奏者>
ギター :テンドウ
サイドギター :ハギワラ
鍵盤 :さば夫
ベース :キムラ
ドラム :えふしび


7曲目は、わんぱくダック夢冒険より「月面」のテーマ。 通称ゲツメン。

ハギワラさんによるファミ歌のライブバージョンです。 歌詞・アレンジ共ハギワラさんによるものです。

これはまさに知る人ぞ知る名曲!
ハギワラさんの歌声を中心に恐ろしくまとまりと味のある名演となりました。

<演奏者>
ギター・ヴォーカル :ハギワラ
ギター :テンドウ
コーラス:AK
鍵盤 :えふしび
ベース :キムラ
ドラム :チヒロ


8曲目は、「究極戦隊ダダンダーン」

今回のゲー音部ライブがライブとして形になったのはAKさんのMCがあってのこと。
そんなAKさん炸裂の一曲! 歌も上手いですなあ。。

<演奏者>
唄 :AK
鍵盤 :さば夫


9曲目は、ファイナルファンタジー3より「悠久の風」

今回のライブはとにかく色々な楽器の方に出ていただきたい、という想いがありました。
雰囲気をガラっと変えて、和楽器+中国楽器の競演です。
エレピとカホンの味付けがまたいい雰囲気!

<演奏者>
筝の琴 :沖政
二胡 :あちゅ
鍵盤 :さば夫
カホン :ななどら


10曲目は、ソウルエッジより「Edge of Soul」

琴と二胡が曲中で鳴っており、しかもお二人ともこの曲が好きだったという奇跡のマッチング。
前曲でオシャレに決めたお二人が熱くシャウトするのも見所!

<演奏者>
筝の琴・ヴォーカル :沖政
二胡・ヴォーカル :あちゅ
ヴァイオリン・ヴォーカル :AK
鍵盤 :さば夫
ギター :麺
ベース :キムラ
ドラム :ななどら


11曲目は、カンタクさんファミコンメドレー

マリオピアニストのカンタクさんが弾くピアノメドレーに各自が反応してセッション演奏をするという、いつものゲー音部スタイルでの一曲です。
この一曲は練習でカッチリ合わせたりとかあまりしておらず、どういう感じになるかやってみるまで分からない、というこれもある意味チャレンジャーな演目でした。

<演奏者>
エレピ:カンタク
トランペット :Hit
鍵盤 :さば夫
ギター :麺
ベース :キムラ
ドラム :ななどら


12曲目は、「サンダーフォース5」

サックス奏者のけんたろさんと、本名が「たけし」のさば夫さんによる新ユニット「新・タケちゃん&ケンちゃん」の誕生です(笑)
すばらしすぎる演奏ですが、これが解散ライブとの話もあり、さて真相は。
編曲もお二人でされております。 プロフェッショナルな音を堪能下さい!

<演奏者>
けんたろ :サックス
鍵盤 :さば夫


最後の曲は、「迷宮組曲」

最後はゲー音部ライブ班全員での演奏です!

総勢20名が代わるがわる入り乱れながら一曲を演奏するという、本当に実現出来るんだろうかと心配もあった曲ですが、すばらしいセッションになりました。

この歌詞を作詞されたつるぎさん自らヴォーカルをとっており、さすが曲のイメージにぴったり合ったすばらしい歌声だったと思います。


以上がゲー音部初ライブの全容です。

今回はゲー音部は「ライブ班」による戦闘モードでこうしたステージを作りました。

ライブなので、まとまりと演奏技術を重視した演奏を大いに心がけましたが、普段のゲー音部では「完成された一曲」を目指した練習、というのはあんまりやりません。

あくまでその場のノリを重視し、また音楽を演奏することで「ゲーム愛を語りあう」というコミュニケーションを一番の楽しみとしています。

なので、今回のライブを聞いて「巧い人ばかりで敷居が高そうだ」と感じられてしまうか、逆にあまり高望みをされてしまっても期待が外れてしまうと思います。 

いつもは酒など飲みながらゆる~くやっており、部員という概念も特になく、実にテキトーです。

その辺はこれまでのゲー音部活動の音や記事を視聴いただけたらと思いますので、どうぞコンゴトモヨロシクお願いします。



最後に、
これらの演奏を聞きやすい音で響かせてることが出来たのは、なんと言っても「高田馬場Live Cafe mono」のスタッフの方々の熱心なご協力と技術があってのことでした。 ありがとうございました!

そして素晴らしいイベントへのお誘いと随所でご助言を下さった、主催の国本剛章さんにも特大級の感謝です!

また、今回のライブ動画を提供して下さった、NES BANDのリーダーかつ「タケちゃん&健ちゃん」の松澤健さん、ありがとうございました!

さらにはこの日の会場の素晴らしい雰囲気を作って下さったのは、何よりも観に来てくださった方々の暖かい応援のおかげです! 心から感謝致します! ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。